So-net無料ブログ作成
薔薇をめぐる虫たち ブログトップ

アブラムシ非情物語 [薔薇をめぐる虫たち]

先日載せました、アブラムシてんこ盛りその後を・・・。

来てました、テントウムシ!!
ざっと数えて9匹・・・ちょっと多くないかい・・・?
葉の裏で、交尾中のつがいあり・・・。
子どもの為に、良い場所と思ってくれたようで。
大丈夫かな?
アブラムシ足りなくなっちゃいそうな・・・。
ちなみに、後ろにボケて写っているのは、アブラムシてんこ盛りの枝先。

その他、下の写真のような虫も、アブラムシにむしゃぶりついておりました。
警告しますが、虫の嫌いな方は、絶対に以下の写真を見てはいけません(^_^;)

続きを読む


初ゾウムシ [薔薇をめぐる虫たち]

 

あ~、ついに見つけちゃいました。
被害跡は、少し前からポツポツ確認して、処分してたんですが。

本日二匹だけ捕殺。
これから、ウジャウジャ見つかるんでしょうね~。
薔薇の蕾、早く大きくなってしまってくれるといいんですが・・・。

今年は雨が多いお陰で、何もかもが茂り過ぎです(^_^;)
威勢のいい薔薇の伸びっぷり。
それは楽しい光景なのですが。
早く枝を間引かねば、病害虫大発生の危険が・・・。

 

スタンウェルパーペチュアルの蕾。
花弁が見えてきました(o^-^o)
しかし、葉に障害が出てるのバレバレな写真ですね~。
株元に、白いミニパンジー植え込む時、マグアンプ混ぜ込んだせいで、結果やり過ぎになったのか・・・?
昨年、あまりにも肥料少なめでゴリ押ししたせいか、調子の悪い株続発!
反省したので、今年はつい、という感じでした。
ほどほど、というのが出来ない私ですね・・・(-_-;)
とりあえず、表面の土を入れ替え、米ぬかなど撒いてみようと思います。 


何の写真かすぐ気づいたら、あなたも薔薇狂(?) [薔薇をめぐる虫たち]

さてさてこの写真、何という虫が写っているでしょう?

これは、ある薔薇の葉の虫食いが、見逃せないかな?という大きさだったもので、近寄ってみて見つけた虫です。
葉の下に潜んでいたので、写真は下から見上げるように写しています。

続きを読む


そこで卵を!(笑) [薔薇をめぐる虫たち]

親も子も堂々たる益虫!

しかも、美しい!

という事で、早起きしてトクした気分でございます。

ついでに、そこで卵産んでってくれると嬉しいんだけども(笑)


ボチボチ始まりました(笑) [薔薇をめぐる虫たち]

この写真見て、あっ!と思われた方。
あなたは、ばらを栽培してらっしゃいますね~(笑)

今年も毎朝、ばらを巡回する季節がやって参りました。
無農薬栽培なら必須のこと。
害虫捕殺です。

春の花の前の、最大の敵といえば、やっぱりゾウムシ。
しかし、こういうのも居ます。

写真上の丸く綴られている托葉を開いてみると、写真下の虫。
ちなみに、そう被害は酷くないようなので(イエ、実はホントの所は判りませんが
)、私は気に掛けているばら以外、真剣に捕殺はしません。

そう目くじら立てるのも、面倒臭いじゃないかと。
どうせ、芽かきするんですしね~。←ここらへんがズボラ


今年の新兵器 ~ニーム~ [薔薇をめぐる虫たち]

ばら栽培してるくせに、私は農薬を撒いてません。
だって、メンドクサイじゃないですか~。

何とかラクにばらの庭を・・・、と、極めてズボラに試行錯誤してるうちに、農薬撒かなくても、カンペキを期さなければ、ばらは十分咲いてくれるって、確信が強まったのも一因です。

ばらを、様々に楽しめるのも、無農薬だからこそ。

ただ、やっぱりちょっと気に障ることはあります。
ウチは、害虫でもスリップスと、コガネムシが酷いのです。

スリップスは花をシミだらけにしますし、そりゃもうキモチ悪い程ウジャウジャ居るので、ばらを部屋に飾ろうという気を半分失せさせられます。
一輪の花に、100匹以上居るでしょう。イヤ、全然誇張じゃないんですよ。

コガネムシは、鉢植えのばらの根をキレイに食べてしまう。
それで、何株かのばらが、枯れてしまいました。
いずれも、農薬をほんの少し使えば解決すること。
でも、その少しが、実は、庭にただならない影響を与えてしまうのを見てしまっては、やっぱり撒く気にはなりません。

それで、今年は新兵器。
私の思っているものだといいな、と写真のニーム製品を試す気になりました。
スリップスが特に気になったコーナーと、鉢に、この液を規定倍率に薄めたものを、潅水してテストして行きます。


食うもの食われるもの [薔薇をめぐる虫たち]


 グラミスの蕾をふと覗いたら、アブラムシ発見。

 あっ・・・と、思ってよく見ると、ちゃんと居ましたヒラタアブの幼虫。
 こんな数のアブラムシは、すぐこやつが平らげてくれると、ここは放っておくとしまして・・・。

 少し前から、この庭にもヒラタアブの成虫が巡回を始めたのを見てはいたのですが。
 丹念に庭を探索する連中を見ては、「すまんねぇ、今アブラムシいないんだよね~」
 なんて思ってたら、そうか、ちゃんと居ることは居るんだ。

 幼虫が生まれているところを見ると、親は、私などよりずっと先にアブラムシの存在を察知してた訳で・・・。
 きちんとご馳走の中に卵を生んでってくれる親虫。
 ありがたいですねぇ・・・。
 私まであやからせて頂いて。
 
 薔薇作りは庭の生き物たち全てとやった方がずっとラク。
 薔薇の葉も蕾も、齧られたりはするけれど、私はやっぱり、沢山の生き物が居る庭の方がいいなぁ~。

 出来れば、私が居なくなっても、ずっと生きていける庭が理想です。


薔薇をめぐる虫たち ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。